保険の更新案内がきた

まずは、保障内容を確認しましょう

保険の更新時は自分の保障を見直すいい機会だと言われています。何故なら更新が来たということは保険に入ってから一般的には5年~10年程度たっている可能性があるからです。約5年~10年程度たっていればライフスタイルも考え方も変わっている可能性があります。まずは保障内容を確認してみましょう。

更新時は保険の見直しのいい機会

保険の更新の案内が届いたら保険を見直すいい機会です。加入中の保険がどのような保障内容なのか?今の自分に必要な保障が準備されているか?改めて、確認をしてみましょう。

更新するか、更新しないかよく検討しましょう

更新の案内が届いたら保障内容を確認して、今の自分に必要な保障が準備されているかどうか確認したうえでそのまま更新するのか、更新せず全体を見直したうえで新しい商品に加入するかよく検討しましょう。

更新しない場合は注意が必要です

更新をする場合は、特に手続きをしなくても自動更新される場合が一般的です。
更新をせずに、全体を見直して新しい保険に加入しようとする場合は注意が必要です。
新しい保険に加入する場合は改めて健康状態の告知が必要となります。告知を含めた総合判断の結果新しい保険に加入できない場合は、更新をするしかありません。
そのため、更新しないと判断した場合は新しい保険に加入できた後に現在加入中の保険の解約手続きをするようにしてください。順番を間違えると無保険になる可能性があります。お気を付けください。

分からないことがあったら保険ショップを利用してみてはいかがでしょうか?

保険を見直す場合は、今の保障内容や今の自分に必要な保障内容をよく検討することが大切です。また、更新しないと決めた場合は、更新日を迎える前に新しい保険に加入していなくてはならず、限られた時間で検討しなくてはいけません。
どうするか悩んでしまったら、近くの保険ショップで保険の専門家に相談してみてはいかがでしょうか?現在の保障内容を確認したり、今後必要と思われる保障を一緒に考えてくれます。
保険の専門家のアドバイスを受けて今の保険を更新するのか、新しい保険に加入後今の保険を解約するのかどうするのかを決めるといいと思います。

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野