何かあったらどうしよう

漠然とした不安を解消するために保険の種類を知ろう

「万が一何かあったらどうしよう」という不安が生活の中で何かしらのきっかけで出てくることがあるかもしれません。「何か」は人それぞれ違います。もしかしたら保険に加入することで不安少なくなるかもしれませんし、解決方法は保険ではないかもしれません。ただ、保険の知識があれば必要かどうかの判断もできますのでまずは保険の種類を簡単に確認してみましょう。

保険にはどんな種類があるの?

主に以下のような保険があります。
死亡保険…被保険者が病気・ケガにより死亡した場合、保険金を受け取ることができます。
医療保険…被保険者が病気やケガによる所定の入院・手術などを受けた時に給付金を受け取ることができます。
傷害保険…被保険者のケガによる入院・通院・死亡の損失への補償に特化した保険です。
がん保険…被保険者ががんと診断され、所定の入院・手術などを受けた時に「がん入院給付金」「がん手術給付金」などの給付金を受け取ることができます。がんに特化した保険です。
こども保険…主に子どもの教育費用を準備する保険です。
個人年金保険…老後のための費用を準備する保険です。

各保険会社の保険商品は細分化が進み、加入される方のニーズにより柔軟に対応できるようになりました。保障(補償)内容を確認しながら、ライフスタイルに合った保険を探してみてはいかがでしょうか。
また、上記保険のほかに、自動車保険や火災保険、地震保険があります。また、ゴルフ保険や自転車保険、海外旅行保険、国内旅行傷害保険など、娯楽に関連した保険商品もあります。

より詳しく保障(補償)内容を知りたい場合は、保険ショップなどでご相談いただき「何か」を解決できる方法を保険の専門家と一緒に考えてみられるといいかもしれません。

(2015年6月)A15-100986

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野