親が心配。高齢でも申込みできる保険あるかな

健康状態にもよりますが、高齢の方も加入できる保険もあります

自分の親がどんな保険に入っているかご存知ですか?実は生計が別だったとしても親の保険は自分に無関係ではないかもしれません。なぜなら親が入院した時、手術した時など何かしらお金が必要となった時親は親だから関係ない。という風にはならないと考えられるからです。親の保険を理解していると必要な時に給付金請求して親や自分の経済的負担を軽くすることができるかもしれません。

親の年齢が上がると病気や介護などいろいろな事が心配になってくると思います。親が元気なうちに、万一に備えて保険を検討しようと思われる方も多いかもしれません。

高齢化社会を反映して、今では80歳を超えても契約ができる保険商品もでてきました。健康状態が良好であることが前提であるので、早めに検討することをおすすめします。 ただし、例え健康状態があまり良くない場合でも引受基準緩和型保険があります。引受基準緩和型保険の場合は、告知事項に該当しなければ加入できる可能性が高くなります。

何かあった場合に備えて保険に加入する方法もありますが、一般的に高齢者になると保険料も高くなる傾向にあります。親がどのような状態になってしまった場合が心配なのか、ご家族で考えていただくといいかと思います。 心配事に対して保険で準備するのか、あるいは手元にある貯金(預金)でまかなうのか、冷静に検討することが大切です。

どちらがいいのか分からない場合は、お近くの保険ショップなどで相談してみるのも一つの方法です。保険の専門家のアドバイスを聞いて、改めてご家族でしっかり考えてみたらいかがでしょうか。

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野